体内で尿酸が出来る過程と、尿酸値が高くなることの意味

医師

体内で作られる尿酸とは、いったいどの様なものなのか

尿酸は、自分の体の中に常に存在している物で、尿酸が作られる量と、体外に排出される量のバランスで、尿酸値が決まります。
尿酸の材料になるものがプリン体であり、プリン体が代謝して生じる老廃物なのです。
食べ物から摂取するプリン体は、全体の20%で、残りの80%は、体内にあるプリン体から作られています。尿酸は、3つの方法で生成されています。1つ目は、新陳代謝により、古い細胞が死んでいく時に
尿酸が作られていきます。2つ目は、急激な運動や暴飲暴食により、尿酸が作られます。3つ目は、レバーや魚卵などの食品に含まれているプリン体を摂取することで、尿酸となります。
血液中の尿酸の濃度を尿酸値と呼んでいます。
尿酸値は、一般的に女性よりも男性の方が高いと言われています。また、閉経後の女性も、尿酸値が急激に高くなるとも言われています。

尿酸値とプリン体の関係

尿酸値は、一般的に体内でどれ位の量まで許容範囲なのか

尿酸量は複数の原因で、増加していき、ある一定量を超えると、血液中でこれ以上溶かす事が出来ない状態になってしまいます。その溶けきれなくなった尿酸が結晶となって、関節などの体のあちこちに沈着し始めます。この沈着し始める尿酸値の値は7.0mg/dLと言われています。これより尿酸値が高くなると血液中の尿酸が溶けきれなくなるという基準の数値です。
実際には、血液中の尿酸の溶解には、体内の様々な要素がかかわってきますので、全ての人が7.0を超えたら、結晶として、体内に沈着するわけでは有りませんが、いつ、結晶が出来てもおかしくない状態と言えます。
高尿酸血症とは、基準値である7.0を超えると、病院での診断を受けます。これは、尿酸値が高い為に、体に良くない影響を及ぼすリスクが有る、という状態です。高尿酸血症と診断された場合、生活習慣の改善や、薬による治療が必要になって来ます。ほおっておくと、尿酸の結晶が徐々に血液中に沈着していき、関節炎である、痛風や尿路結石、腎臓などの重大な病気になってしまう場合も有りますので、注意が必要です。最近では、高尿酸血症により、さまざまな生活習慣病の原因になっていることが指摘されています。

パナジウム天然水

自覚症状がほとんどない、高尿酸血症を患た事のリスク

高尿酸血症は、ほとんど自覚症状のない内に、病状が進行していく場合が多く、気が付いた時には、手当てが大変になってしまう場合も有ります。このような危険な状態を防ぐためには、1年に1回の健康診断で血液検査などから、兆候を把握できますので、早めの予防が肝心です。もし、気が付かない内に、高尿酸血症の症状が進んでしまったら、尿酸の結晶が体内に蓄積されて、様々な病気や合併症を引き起こしてしまいます。自覚症状が無いからこそ、油断は禁物です。痛風は、高尿酸血症の代表的な病気ですが、脳卒中や、心筋梗塞、腎障害、高血圧、尿路血栓、狭心症などの原因にもなる恐ろしい病気です。このように命をおびやかす恐ろしい病気の原因にもなりますので、日ごろから、自己管理を十分に行っておくことが重要です。また、高尿酸血症に潜むリスクとして、メタボとの関係も最近判明してきました。

通風2

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

食事、運動、サプリ

食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう

目次 食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう 毎日適度な運動を行うようにし尿酸値を下げる目標を持とう サ…

おすすめ記事

現在の登録件数:0 件
ページ上部へ戻る