尿酸値を上げる食べ物

プリン体を多く含む食事2

尿酸値を下げる食べ物その2

尿酸値を上げる食べ物は2つの方向で考えることができます。一つはプリン体を多く含んでいる食品、もう一つは尿を酸化させて尿酸の排出を妨げる食品です。共通する食べ物もあるのですが、どちらの特性も認知して尿酸値を下げるのに正しい食生活を身につけましょう。とくに、アルコールとお肉のコンビ、魚のコンビが好きな方は要注意だと言えるでしょう。プリン体ゼロのビールなどが注目されていたり人気ですが、それにも注意が必要です。プリン体がゼロであっても、アルコールを摂取すると尿酸値は高まるからです。

さて、プリン体を多く含む食品は、レバー、白子、カツオ、エビ、イワシ及び多くの魚類、加えて魚の干物やビーフジャーキーです。一般的に考えて「美味しい」とされる物に多く含まれている点に注意しましょう。レバーや白子は大量には食べられませんが、ブイヤベースやお造り、お寿司などでは大量のプリン体が摂取されてしまうことに注意です。また、乾物もお酒のつまみになりやすくあります。乾燥により水分がへっているために、グラムあたりのプリン体が多くなっているのですが、味が良いからとテレビを見ながらお煎餅代わりに食べるのは避けた方が良いと言えます。少量を食べて味わう・味を見る程度の食べ方をするのが良いと言えます。忘れてはならないのは、すべてのアルコール飲料は尿酸値を高めるというポイントでしょう。ほどほどに越したことはありません。

プリン体

尿を酸化させる食べ物

もう一点として挙げられるのが、尿を酸化させ尿酸の体外排出を妨げる食品です。これには、卵、豚肉、牛肉、魚全般、エビ、白米が挙げられます。卵やお肉は白米と相性が良いのでついつい食べてしまうものです。尿酸値がそれほど高くない方は、しゃぶしゃぶや茹でたお肉などを摂取するようにすると、いくらか酸化作用物質とプリン体が湯に溶け出します。白米は避けられないのではないかと思う方もいるでしょうが、雑穀米や玄米、胚芽米などを利用するほか、根菜を多く含んだ炊き込みご飯などで、少しでも尿の酸化作用を防ぐことができます。

極端に尿酸値が高い場合には禁忌とも言える食品ですが、そこまで高い尿酸値でない場合は、少量を食べるのが良い方法です。もし、本格的に痛風や合併症になったら更なる制限が待っていると考えれば、実行しやすいのではないでしょうか。美味しいもの、相性の良い組み合わせに、尿を酸性にする食べ物、プリン体が多い食べ物が多いので、「良薬口に苦し」の慣用表現を頭の中に置いておき、節度ある食べ方をすると尿酸値の上昇を抑えることができるでしょう。節度ある食べ方とは、根菜類などの野菜と一緒に食べるという点も挙げられますね。

里芋、ジャガイモ、サツマイモ

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ウォーキング夫婦

ウォーキングと水の摂取で尿酸値対策

目次 ウォーキングと水で尿酸値対策 ウォーキング時に最適な水の量とは ウォーキングと水の摂取で最適に尿酸値対策…

おすすめ記事

現在の登録件数:0 件
ページ上部へ戻る