尿酸値を下げたい人はまず実践!今日からできる改善方法

薬を飲み始める前に

尿酸値を知るきっかけが尿酸値を下げるチャンスになる

普段の生活であまり聞かれない尿酸値は、市町村や会社の健康診断、人間ドックなどの血液検査で尿酸(UA)の数値で知る人が多いと言われます。その他では、関節や足の親指の付け根の痛みから病院に行って知ったなど、日頃は関わりの少ないものです。

尿酸値の尿酸とは、体内のプリン体という物質の細胞が身体にとって大事な働きをしたあとの老廃物のことです。通常は1日に作られた量の尿酸は、尿や汗、便などになり同じ量を排泄して一定量を維持しています。
尿酸値は、血液中の尿酸の濃度値のことで、男女共に上限7.0mg/dl内が基準値です。

尿酸値が高いと診断、指摘を受けた場合は、何らかの原因で尿酸が過剰に作られ、基準値を超えた尿酸濃度であることを認識しなければなりません。
なぜなら、その先に高尿酸血症・痛風、もっと悪化すると心筋梗塞・腎不全・高血圧など数々の病気を引き起こし兼ねない危険性があるからです。
尿酸値を知った時点で、すぐに数値を下げる行動に出るか出ないかで大きな差が結果として表れるでしょう。

尿酸値とプリン体の関係

尿酸値を下げるために尿酸の排泄をサポートしてくれる水

血液中の尿酸濃度を下げたい時は、水分摂取をして体内から尿酸を排泄する方法が一番効果的なセルフケアですが、注意点はアルカリ性の水分を摂ることです。
酸性の尿をアルカリ性の尿にすると、尿酸が溶けやすく排泄もしやすくなります。痛風の人が、とにかく水を飲んで尿を出すように言われるのも効率的に排泄を促せるためなのです。

さまざまな飲料物はありますが、コーヒーなど利尿作用の強いものは排泄には良いイメージですが、尿酸濃度には影響が少ないので気をつけましょう。また、コーヒーなどを飲んでも良いのですが、それ以外に水分を摂ることが大事です。

日常生活での飲料水はアルカリ性を選び、なるべく1日に2リットルから3リットルを目標に飲むと効果の表れ方も早いと言われています。また、バナジウム水も弱アルカリ性なので、尿酸の排泄サポートに良いと見聞きします。飲む水を変えるとこなら、今からできる方法です。

パナジウム天然水

少しでも痛みから解放されたい時の対処法と今後の対策

忙しい毎日や病院が苦手、暴飲暴食などそのままだと、症状が悪化して痛みに襲われ辛い思いをする人も少なくありません。そんな時に、痛みを一時的に抑えてくれるのがロキソニンという鎮痛剤です。
しかし、同じ鎮痛剤でもアスピリン系は尿酸値を上げる危険性があるので、薬局で買う場合は薬剤師さんに相談するのが安全に選べる一番の方法です。また、静かに身体を休めるのも一時的には効果的です。
そして、痛みが治まったからと安易に考えず、早期発見・早期治療のために病院へ行き、適切な診察を受けましょう。

尿酸値が高い要因は、肥満や過度の飲酒、肉食系などもありますが、ストレスなどの精神面も関係しています。ストレスを受けると血管を収縮するホルモンが働きます。すると、尿と血液の量が減り尿酸値を上げてしまうのです。
何事も頑張るタイプの人などはストレスを溜めない対策を、激しい運動が好きな人も尿酸濃度を意識して運動中の水分補給をしっかり行うなど心がけが大事です。
尿酸値が高い時は、身体のサインだと受け止め、尿酸がスムーズに排泄できるように、早速できることからやりましょう。

太ってる

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

食事、運動、サプリ

食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう

目次 食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう 毎日適度な運動を行うようにし尿酸値を下げる目標を持とう サ…

おすすめ記事

現在の登録件数:0 件
ページ上部へ戻る