尿酸値を下げたい方必読!注意したい3つのポイント

三つの方法

水分を摂取して尿酸をとにかく体内から排泄させる!

水分をたくさんとると、その分尿量が増加し、尿酸の排出能力が高まります。尿酸は血液にのって尿を生成する腎臓へ運ばれ、濾過されます。そのため、水に溶けにくいと言われている尿酸は、一定量しか体の外へ排出されません。しかし、尿量が増えれば、その分一緒に体外へ排出される頻度が高まりますので尿酸値を下げることにつながるのです。
だからといって、アルコール飲料や清涼飲料水で水分補給をするのは危険です。糖を多く含むこれらの飲み物はむしろ尿酸値を上昇させてしまいます。水分補給は水やお茶で行うようにし、出かける時も、ミネラルウォーターを持ち歩くように心がけることが大切です。そして、尿を排出する回数が増えても、その分尿酸が体外へ出ていってくれているんだという自覚を持つようにして、面倒がらずにトイレに行くようにしましょう。

通風2

体重を適正化するという明確な目標を立て実行する!

肥満傾向の方、特に内臓脂肪型の肥満は尿酸値が一般の方よりも高くなりやすい状態に陥っているということをご存知ですか。内臓脂肪型肥満の方は、尿酸を生成する能力は向上しているにもかかわらず、排泄する機構の能力は低下している状態です。つまり、最も尿酸を体内に溜め込みやすい状態を作り出していることになるのです。この状態では、いくら様々な方法を試して尿酸値を下げる努力をしても、その効果がなかなか現れないこともあります。尿酸を作りにくく、排泄しやすい体づくりを目指して、体重減量への努力を怠らないことが大切です。生活習慣、食習慣全般を見直し、肥満体型を改善していきましょう。もし、自分で適正体重がわからないというp場合は、病院の医師や管理栄養士に相談すれば必ず教えていただけますので、一度相談してみるとよいでしょう。

プリン体

尿酸値上昇の原因であるプリン体の体内生成を減らす!

尿酸は、プリン体が肝臓で分解された後の成分です。尿酸値を下げるために、プリン体を多く含むレバーや酒類などの食品の摂取を減らすことの重要性は、ほとんどの方がご存知かもしれません。しかし、同時にそのプリン体のもとになる食品の摂取にも注意が必要です。なぜなら、尿酸の約8割程度は、食品摂取からではなく、体内での合成であるからです。体内で生成されるプリン体のもととなるのは、アミノ酸を多く含む肉、魚などの高たんぱく質です。ゆえに、たんぱく質の過剰摂取には十分に気をつけるようにすることが大切です。見逃しやすいものでは、魚や肉のエキスにもアミノ酸は溶けだしていますので、摂りすぎは控えましょう。エネルギー、脂質、そして何よりたんぱく質を摂りすぎないようにし、バランスのよい食事を心がけ、体内でのプリン体生成を減らし、尿酸値を下げていくことを心がけましょう。

ウォーキング

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

プリン体多い食事

プリン体と尿酸値の関係

目次 尿酸値とプリン体の関係 3つの方法で作られるプリン体と尿酸値について 尿酸値とプリン体の関係 尿酸値は…

おすすめ記事

現在の登録件数:0 件
ページ上部へ戻る