生活習慣と密接にかかわる尿酸値を下げる生活のポイント

食事、運動、サプリ

規則正しい食生活とお酒の飲み過ぎに気をつけましょう

知らず知らずのうちに高くなっていることが多い尿酸値。一番の原因と考えられるのが、食生活の乱れです。尿酸値を下げるには、まずは尿酸値が高くなる食事を避けるようにする必要があります。人間の体内では、自然に作り出されるものの他に食べ物や飲み物から尿酸を摂取しています。作られた尿酸は体内に一定量溜められ、余分な尿酸は尿、汗、便などとして体外に排せつされます。この産生と排せつのバランスが崩れると尿酸値が上がります。その異常を起こす一番の要因と考えられるのが、よく耳にする「プリン体」なのです。プリン体の多い食事を摂ったり多量の飲酒を続けることで、尿酸値が上昇するのです。プリン体が多い食べ物としては、レバーや砂肝などの肉の内臓類、イワシの丸干しや煮干しなど魚の干物類、白子や肝などの魚の内臓類、干しシイタケなどがあります。飲み物ではビールをはじめとしたアルコール類です。ビールは「プリン体」を多く含むことで有名ですが、アルコール自体に尿酸を増やす働きがあります。また、プリン体は水に溶けやすい性質があるので、鍋物を食べた後の煮汁やラーメンのスープには、たくさんのプリン体が含まれています。反対に尿酸値を下げる食べ物としては、尿をアルカリ性にする食べ物です。例えば、ひじき・わかめ・モズクなどの海藻類やほうれんそう・ごぼう・キャベツなどの野菜などです。お酒も飲みたいし、海藻や野菜ばかり食べていられないと思うかもしれませんが、要は飲み過ぎないように適量を守ることと、「プリン体」を摂り過ぎないように、栄養バランスのとれた規則正しい食生活を送ることが大切なのです。普段から、よく噛んでゆっくり食べる、腹八分目に抑えるなどを心がけ、高エネルギーの食事にならないようにしましょう。

肝臓への負担

尿酸排泄のために水分を1日2リットル摂りましょう

水分をたくさんとって尿量を増やすと、尿酸の排泄がスムーズに行われます。夏の暑い日差しや激しい運動などで大量の汗をかくと、体内の水分量が減るため尿酸値が上がります。結果的に排泄される尿の量が減少するため、尿酸の排泄量も少なくなります。またアルコールを飲んだ時には、利尿作用により体内の水分が失われてしまいます。こうした状態を避けるためには、一度に大量に水分を飲むのではなく、こまめに水分を補給することが大切です。
のどが渇いたと感じる時には、すでに体内の水分が少ない状態になっています。のどが渇く前に、1日2リットル以上を目安に水分を摂るようにしましょう。
水分は、水で摂るのが一番ですが、麦茶や緑茶、ウーロン茶もおすすめです。市販の砂糖入りの清涼飲料水は糖分が多く含まれ、高カロリーであるので、摂り過ぎには注意しましょう。また、コーヒーや紅茶は水分を過剰に排出するため、適していません。普段から起床時や食事時、入浴前や就寝前などにコップ一杯の水分を摂ることを心掛けましょう。

パナジウム天然水

肥満解消のために毎日の適度な運動を心がけましょう

肥満はあらゆる生活習慣病の一因ですが、尿酸値の上昇にも関係があります。肥満が解消されると、尿酸値が正常範囲の値までもどったというデータもあります。尿酸値を下げるには、うっすらと額に汗をかく程度の有酸素運動が効果的です。無理をした運動は継続できませんから、通勤途中でできるだけ階段を使うようにするとか一駅分歩くなど、毎日手軽に実行できることを考えて生活に取り入れましょう。健康に良いだけでなくストレス解消にもつながります。ただ普段あまり体を動かさない人が急に激しい運動をすると、逆効果になる場合があります。過激な運動により、尿酸値が高くなってしまうのです。ですから、大量の汗をかかないように自分のペースに合った軽めの有酸素運動を続けることが最適です。また運動の後には、必ず水分を補給することを忘れないようにしましょう。

ウォーキング

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

食事、運動、サプリ

食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう

目次 食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう 毎日適度な運動を行うようにし尿酸値を下げる目標を持とう サ…

おすすめ記事

現在の登録件数:0 件
ページ上部へ戻る