運動して尿酸値を下げる

ウォーキング

運動して尿酸値を下げる

尿酸値が上がると医師から「適度な運動を心がけて下さい」と言われます。この「適度」というのはどのような運動を指すのでしょうか? 

また、実際にどのような運動が尿酸値に影響を与えるのでしょうか? 以下の方法が非常に大切になります。それは、体をぶつけたり、筋肉が崩壊するような運動を避けるということです。例えばスキーやスノボでは転倒することもあるでしょう。

また、激しい球技などをしても筋肉は崩壊します。加えて、ジムなどでのベンチプレスや腹筋などの無酸素運動の多くも、筋肉の崩壊を促します。

その際には「ATP」と呼ばれる物質が生成されます。これが分解されると尿酸になってしまいます。スポーツ選手などはこれへの耐性があったりする場合があったりします。

しかし、普段運動不足を感じている方は、激しい運動で尿酸値を下げた気分になっていると、真逆の診断結果に驚くことになるでしょう。ちなみに、スポーツ選手のような激しい運動を行うと寿命が長く無いと言われる説の理由の一つが、このATPに関連しているという説なのです。筋肉痛を感じるようならば、もっと軽い運動へシフトした方が良いと言えます。

筋肉痛

ウォーキングと 飲み物をセットで

尿酸値が高い方は、やや肥満体型で運動不足な方が多いのではないでしょうか。そんな中で「最適」な運動とは、ウォーキングやごく軽いジョギングが挙げられます。

辛いなと感じないレベルで長期的に続けるのがコツです。また、喉が渇いたと感じる前に定期的に水を飲むのも効果的です。排尿によって尿酸が体外へ放出されるからですね。無理に尿酸値を下げよう、無理に排泄しようと水をガブ飲みしようとは考えず、無理の無いレベルで続けて行うことが大切です。排尿効果を考えると、レモン果汁を絞った炭酸水などもお勧めです。

レモン果汁にも、炭酸水にも利尿作用があるからです。これを使用する際には、脱水症状にも気をつけまそう。

さて、100%の力で3日と、50%の力で1ヶ月ならば、どちらが効果が高いのかは一目瞭然でしょう。少しの量を長く続けることが最も大切です。基本的な体ができたならば、ペースアップをしたり、距離を伸ばしたりして尿酸値を多く下げるように工夫してみてください。ウォーキングなどで軽く運動しただけなので、整理運動(運動後のストレッチなど)をやらないという事はしないようにしましょう。なぜかと言うと、乳酸が溜まってしまうからです。乳酸は尿酸の生成や蓄積を助けてしまうので、せっかくの運動効果が少なくなってしまうのです。

軽いウォーキングの後、シャワーを浴びて軽く全身のストレッチをする、これくらいが「適度」な運動の具体的な方法なのです。

ストレッチ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

食事、運動、サプリ

食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう

目次 食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう 毎日適度な運動を行うようにし尿酸値を下げる目標を持とう サ…

おすすめ記事

現在の登録件数:0 件
ページ上部へ戻る