尿酸値を下げるサプリの代表格アンセリン

アンセリン

尿酸値の上昇を放っておくとどうなるのか

「尿酸値 サプリ」で検索すると必ずと言っても良いほど目にするのがアンセリンです。アミノ酸の一種であり、マグロやカツオの筋肉繊維などに多く含有されている物質です。また、プリン体をプリン体として再利用できる作用があり、尿酸に変化しないばかりか、尿酸の体外排出を手伝うという報告まであります。しかし、上記の文言には、正確な科学的根拠には乏しいとは言えます。というのも、発見されてから十分な時間が経過していないために、まだまだ知られていない要素があるのです。サプリ大国のアメリカでは認知が広まっているようですが、日本人に合うのか、詳細な効果はまだまだ未知の部分が多いサプリメントです。

日本でおそらく最も研究が進んでいるのはDHCであり、研究レポートによると、長期的な摂取により、血中尿酸値が下がったというデータがあります。ペプチド状にしての摂取とあるので、あくまで運動や水分補給などの尿酸値の上昇を防ぐ活動の補助的な位置づけでの利用が推奨されるでしょう。形から入った方が気持ちも入るという方は試してみるのも良いでしょう。抗疲労効果や抗酸化作用まではある程度立証されているようです。何より、サプリメントとして販売されているからには、毒ではないという点が挙げられるでしょう。

サプリメント

副作用の心配は? サプリメント以外からでも摂取可能?

アンセリンの副作用は、報告されているデータが乏しく、また新しいサプリメントのため、明確な事までは分かっていません。

しかし、用法と容量を守って飲むことが大切だという事は間違いないでしょう。過剰摂取により、尿酸値が著しく下がったという報告も無いからです。口コミ自体では悪いものでは無いらしい、程度でしかありませんが、効果がある人には体感できるもののようです。強いて逆を言うならば、飲んで悪化したという報告もないので、プラセボ効果(思い込みの効果)が期待できるかもしれません。
また、飲んだからには運動も禁酒も水分補給もしっかりしようと思えるのならば、安い買い物になるかもしれません。

サプリメント以外からも摂取は可能です。マグロやカツオ、鶏などの肉類に含まれるのですが、オススメはできません。プリン体を同時に摂取してしまうからです。どうしても、運動と水分補給プラスαの効果が欲しい人は、サプリメントとして摂取しましょう。尿酸値を下げるつもりでアンセリンを摂取しようと思っていたら、プリン体の過剰摂取で痛風になりました、では本末転倒も甚だしいからです。

また、摂取量やペプチド状になっているかなどの問題もありますので、試したい方は大手のサプリブランドから出ているアンセリンを試してみるのも手段だと言えます。

マグロ

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

プリン体多い食事

プリン体と尿酸値の関係

目次 尿酸値とプリン体の関係 3つの方法で作られるプリン体と尿酸値について 尿酸値とプリン体の関係 尿酸値は…

おすすめ記事

現在の登録件数:0 件
ページ上部へ戻る