尿酸値を下げる三つの方法として運動と水とサプリメント

継続的な運動を日常生活の中で続けて尿酸値を下げる!

尿酸値を下げるために何か特別な運動を日常生活の中で取り入れるには、スポーツジムや水泳スクールに通うのが一般的かもしれません。しかし、時間もお金もないのが実情です。継続的な運動を主軸にした尿酸を下げる方法として思いついたのは、会社に勤めている人なら誰でも毎日経験している通勤があります。在宅勤務でなければ会社には毎日行くのが当たり前ですし、通勤であれば習慣になっていることです。時間をわざわざ作る必要がなくお金もかかりません。逆に通勤費が浮くことにもなります。会社まで徒歩かジョギングということが考えられますが、会社までの距離が遠い場合は自転車通勤がベターです。日ごろ使っている公共交通機関の路線ではなく、自転車で走れる場所を通る独自のルートを調べます。例えば公共交通機関で20kmある場所であっても、自転車であれば片道10km、往復20kmになることもあります。所要時間が片道30分としても、渋滞もなくスムーズです。自転車通勤を2ヶ月続けて体重も2kg減り、疲れなくなったというケースもあります。

自転車通勤

日常生活の中で毎日、水を大量に飲んで尿酸値を下げる

水を大量に飲めば尿酸値が下がるということで、毎日水を飲みまくって数値を下げるこの方法は、実際に効果があることが証明されています。しかし、水を毎日3Lも飲むことができるかというと、現実にはなかなか難しいです。プリン体が多い食品を食べないように気をつけるよりも、水を大量に飲んで尿酸を薄めてしまう方がシンプルで取り組みやすいです。しかし、水を試した人によると1日2Lから3Lも摂取するのは数か月が限度とのことです。これほど大量に水を飲めば酒はまずく感じられて飲む気がなくなります。食事にも影響が出て食べる気も失うほどです。効果はあるにはありますが、飲めてもせいぜい1.5Lくらいが本音のようです。しかし、1.5Lくらいで済ませられる魔法の水があります。それがパナジウム天然水です。一般的には血糖値の高い人に効果的というのが有名ですが、尿酸値にも効果があるようです。

パナジウム天然水

サプリメントを継続的に摂取することで尿酸値を下げる

尿酸値を下げるサプリメントとしてアンセリンが成分に含まれているものが効果があることが知られてきました。このアンセリンはアミノ酸の一種で、プリン体を再利用して尿酸が排出される手伝いをしてくれる作用があるとのことです。尿酸値を下げることに効果があるアンセリンを含有しているサプリメントはいくつもあります。メーカーではサンクロレラ、日清ファルマ、明治薬品、DHCなどが販売しています。価格は9000円を超えるものから2000円台までさまざまです。楽天市場でアンセリンを含有しているサプリメントのランキングを調べてみました。1位はミナミヘルシーフーズのアンセリンです。2位はDHCのアンセリンでした。できるだけ効果のあるものを使いたいところですが、収入は限られています。月々の出費を考えると給料に見合わない、あまり価格の高いサプリメントは買えないのが実情でしょう。ちなみに1本7000円以上する恵葉プレミアムのサプリメントは、アンセリンの含有量がかなり多いのが特徴です。

サプリメンと

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

ウォーキング夫婦

ウォーキングと水の摂取で尿酸値対策

目次 ウォーキングと水で尿酸値対策 ウォーキング時に最適な水の量とは ウォーキングと水の摂取で最適に尿酸値対策…

おすすめ記事

現在の登録件数:0 件
ページ上部へ戻る