尿酸値を下げる食べ物その2

アルカリ性 食品

尿酸値を下げる食べ物その2

尿酸を下げる食べ物は、尿をアルカリ性にする食べ物であるということが判明しています。フルーツや大豆製品にも効果があるものがあります。果実では、バナナ、メロン、グレープフルーツ、スィーティーフルーツ、ザボン(ぼんたん)などが挙げられます。皮の白い部分の厚い柑橘類には効果があると理解しても良さそうです。尿酸値が高い方、または現時点で痛風である方は、このような食べ物を積極的に摂取しようと思い、頑なになってしまう傾向があるようです。しかし、デメリットにも注意を向けることが必要です。

大豆製品には、豆腐、納豆などの食べやすくて美味しい食べ物が挙げられます。しかし、醤油を多く使ったりタレをふんだんに使用していては、尿酸値は下げられても別の値で健康診断でひっかかってしまいます。健康な体の維持を目指す予定で尿酸値を下げても別の病気になってしまっては本末転倒です。バナナも手頃で食べやすいですが、糖分もまた多い点に注意しましょう。尿をアルカリ性にしようとバナナばかり食べていても、糖尿の気が出てしまいます。加えて、グレープフルーツとは相性の悪い市販薬や処方薬は数多く存在します。グレープフルーツはとある薬の効果を増加させてしまうので、処方薬などがある方は十分に注意をしましょう。

グレープフルーツ

どのように尿をアルカリ性にする食品を摂取したら良いのか

例えば、塩分や糖分なども視野に入れることが大切です。

上記の豆腐の例ならば、醤油にグレープフルーツ果汁を混ぜてタレを作るなどの工夫ができそうです。ポン酢のような味わいでさっぱりと食べることができます。また、別項でピックアップしますが、尿酸値を上げる食べ物もあります。つまりは尿を酸性化する食べ物です。それらとのバランスを考えることも大切です。ですので、「りんごだけダイエット」的な発想で、バナナだけ、豆腐だけと執拗に食べ続ける必要はなく、むしろそういった行為は他の病気を誘発する 可能性があるということを理解しましょう。「だけ」系の食生活は長続きしないことも広く知られていますよね。

全般的に言えることですが、炭水化物系の食べ物、ジャガイモや里芋を除いた野菜全般は「ノーカウント」ルールを採用することも重要です。他の病気でカリウム制限が無い方は、食事の際にはサラダや汁物で野菜をふんだんに摂取してお腹を膨らませておき、そこからご飯やおかずを食べるという方法で、極端に偏った食生活をせずに済みます。サラダにはグレープフルーツ果汁を絞っても美味しく食べられそうですね。

尿酸値を下げる食品は数多く存在しますが、決してそれだけを食べ続けないようにしましょう。総合的に尿酸値対策をするのが吉だと言えます。

アルカリ性 食品

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

食事、運動、サプリ

食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう

目次 食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう 毎日適度な運動を行うようにし尿酸値を下げる目標を持とう サ…

おすすめ記事

現在の登録件数:0 件
ページ上部へ戻る