尿酸値を下げる飲み物

レモン果汁を入れた炭酸水

尿酸値を下げる飲み物

尿酸値を下げる効果、つまり尿酸を尿から排泄できるようになる効果を持つ飲料は、ある意味、尿のphを整えるよりもダイレクトな効果が期待できます。

飲み物が尿酸値を下げる基本的なメカニズムは、利尿作用による尿酸の体外排出であり、体内で消し去ったり、分解することでは無い点に注意です。つまりは、利尿作用がある飲料ならばどれでも効果があると言えます。

コーヒー、紅茶、、緑茶、ウーロン茶、ココアなどのカフェインを含む飲料や炭酸水、レモンや柑橘類の酸味を感じる飲み物は利尿作用のあるものです。レモンティーや、ちょっとおしゃれにレモン果汁を入れた炭酸水などは高い効果が期待できます。

とりわけコーヒーは、「お茶からコーヒーへ」というポスターが病院に貼られていた時期があるくらい、尿酸値を下げるにはうってつけの飲み物です。利尿作用もさることながら、プリン体の摂取量を減らすという研究データがあるからです。利尿作用がある飲み物は多くありますが、個人差があったり耐性が付いたりします。よって、どれが自分にとってどれくらいの効果があるのかと把握しておくことも大切だと言えます。

お茶からコーヒーへ

利尿作用に期待しすぎるのは逆効果?

さて、血中の尿酸値に目を向けましょう。確かに、尿を排出することにより尿酸自体は体内から減少しました。

しかし、血中の尿酸値は水分がいつもより多く体外へ出たために、高くなってしまっているのが理解できるはずです。運動の前、喉が渇いた時、お風呂の 前後全ての機会で、利尿作用のある飲み物ばかりを飲むのは逆に危険な行為になります。それを補うように普通の水を体内に備蓄するようなイメージを持って摂取することが大切です。人によっては、お茶やコーヒーばかりを飲んで仕事や勉強に取りかかる人もいるでしょうが、尿酸値を考えるのならば必ず同量以上の水を摂取しましょう。

また、注意すべき点は、炭酸水とカフェインが入っているからといってコーラやガラナのような飲料ばかり飲むのも、糖尿病になる可能性があるので止めた方が無難でしょう。

食べ物で尿酸値を抑えるのは必須事項ですが、飲み物で尿酸値を下げるのは補助的に使うのが良いと言えます。基本的には水を飲み、気持ち尿酸値が減ってくれるように、また常に尿酸値を意識して活動できるような思いを込めて、ある程度の積極性を持って上記の飲料を飲むのが正攻法だと言うことができます。運動をして尿酸値対策をする方もいるでしょう。その疲れを取るためにレモン果汁を入れた炭酸水など場合分けをして摂取するのも効果的な作戦であったりします。

レモン果汁 炭酸水

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

プリン体多い食事

プリン体と尿酸値の関係

目次 尿酸値とプリン体の関係 3つの方法で作られるプリン体と尿酸値について 尿酸値とプリン体の関係 尿酸値は…

おすすめ記事

現在の登録件数:0 件
ページ上部へ戻る