毎日の生活の中で尿酸値を下げる体つくりを心がけよう

食事、運動、サプリ

痛風部位に負担がかからない程度に毎日運動をしよう!

痛風発作が起きた時、これは辛いと誰もが思うと想像します。
その痛さは、風が吹いても痛いとされるほど、強烈な痛みがくるからです。
その原因としては、やはりその痛風の痛みが起きている部位が問題となるのです。
そして発作の時には、安静が必要となります。
しかし、発作が怖いからといって、運動をしないことは余計にその発作を起こすことにもなるのです。
体の中に尿酸が溜まってしまい、結局また発作を起こすことになってしまいます。
そのため、そのように尿酸を溜め込まない体つくりをすることが大切なのです。
そのひとつに運動があります。
痛風が起こる部位を激しく刺激する運動は、その発作を誘発してしまいます。
そのため、激しい運動ではなくて、毎日少しづつ体のために良いと思えるほどの運動をすることが大切です。
それは決して無理をしないことが、一番大切な条件となります。

ウォ-キング

痛風が起きる部位を打ち付けないように気を付けよう!

尿酸値が上がると、その部位に痛風発作が起こることになります。
その発作が起きてしまうのは、尿酸値が上がるだけではないのです。
その部位が尿酸が刺激を受けて、炎症を起こしてしまうことによっても、発作は起きてしまいます。
そのため、その部位を打ち付ける等の、刺激を与えないことが大切となります。
そのように強く当たってしまったりすると、その部位に炎症が起こり、そんなに尿酸が溜まっていないのに、発作が起きてしまうことがあることを理解しましょう。
それは足等の場合、家具にあたってしまうことが内容に、配置をすることが大切となってきます。
ちょっとした時に、足があたってしまうことがあるからです。
そのため、部屋の中の家具の配置についても危険ではないか、考えて見直すことが必要です。
もしも危険と判断したときには、速やかに変更をするようにしましょう。
すると、発作を予防することにつながるのです。

通風2

尿酸を体の中に溜めないように水分をとって排出する!

尿酸は、食べ物によって変化することがあります。
そして最も、その尿酸値が上がってしまうのが、脱水になってしまった時なのです。
脱水になると、血液がドロドロの状態になってしまいます。
その結果、その尿酸が至るところに溜まってしまうことになるのです。
そうなると、痛風発作を起こす危険性がましてしまいます。
そのため、血液をどろどろにしないように、水分を多く摂取することが大切です。
食事の時はもちろんのこと、運動をした時や暑いと思った時など、こまめに摂取することを心がけましょう。
水分を摂取すると、血液がサラサラになります。
それは痛風発作を起こすこと以前にも、とっても大切なことなのです。
尿酸を体の外に出す効果と、ほかの余分なものを体の外に排出しやすくすることができるのです。
これは手軽にできる方法なので、必ず実践することが大切です。

水を飲む

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

食事、運動、サプリ

食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう

目次 食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう 毎日適度な運動を行うようにし尿酸値を下げる目標を持とう サ…

おすすめ記事

現在の登録件数:0 件
ページ上部へ戻る