通風の原因と症状から改善への効果的な方法について知ろう

通風

通風の原因と症状から改善への効果的な方法について知ろう

通風の原因は遺伝的な原因と食生活などの環境的な要因があるといわれています。また、通風の人の60%に肥満が見られ、食事や飲食などの環境因子などの原因が指摘されています。痛風になると尿酸値が高くなりますので、尿酸値は痛風のバロメータといえます。
公益財団法人痛風財団では痛風の原因を次のように紹介しています。長期的な調査では、肉食は痛風のリスクを増やし、海産物も少し増やします。野菜や乳製品は痛風を減らす効果もあるそうですので、野菜の多い食事を心がけることは痛風のリスクを減らし、症状改善につながる可能性も高いると考えられています。また、肥満度が大きいほど尿酸値は高くなり、同時に肥満は痛風の人に多い合併症といえますので、食事を減らして運動を定期的に行うなどして症状改善を図り、標準体重を守ることが大切です。
また、食事の他、通風の原因にはアルコールも挙げられています。アルコールを飲むと尿酸値は一時的に上がります。これはアルコールが代謝されるときに尿酸値が上がり、尿酸の素になるプリン体を多く含む種類のお酒を飲むとより高くなる傾向があるからです。
プリン体は、ビールに最も多く含まれ、ウイスキー、ブランデー、焼酎などの蒸留酒はあまり含まれていません。また、「ストレスは尿酸値を上昇させる」ようです。運動もやり方次第では症状改善につながらず尿酸値を上げます。発汗や下痢などで脱水状態になったときも血清尿酸値は上昇します。そして、腎機能が低下したり、血液の病気があったりすると尿酸値が上がることもあります。悪性腫瘍が原因で高尿酸血症になることもあります。フルイトランなどサイアザイド系降圧利尿薬などの挿絵薬剤の中には、尿酸値を上昇させるものもあります。健康食品にも核酸成分を大量に含むものを毎日食べ続けると尿酸値が上がるといわれます。

プリン体を多く含む食事2

 

通風の症状改善に効く尿酸値の下げ方と江原さんについて

このような原因で起こる痛風ですが、通風の症状改善につながる尿酸値の下げ方については、「通風の巨人ブログ」では、尿酸値は、尿酸値を下げる食べ物だけでは下がらないそうで、逆に尿酸値を上げる食べ物を控えることが重要だと指摘されています。控えるといっても、全く食べないのではなくて人並みにするだけです。江原さんは「数値が高い人は、人より数値が上がる食べ物を食べ過ぎなだけなのだ。」といい、まさに先ほどの肥満の人が痛風のリスクも高いということと同じ指摘が行われています。よく飲みよく食べるのでは何をやっても尿酸値は下がらないのです。
しかし、江原さんは会社の痛風仲間と情報交換して、その人の健康診断血液検査の結果は以前9.8、その前は10以上だったのが、5.5に下がったというつわものです。どうやって通風の状態から「自力で正常値まで下げた」のかを公開してくれています。
江原さんは、薬やサプリはできるだけ使わず、特に我慢したわけでもなく、しかし、暴飲暴食は控えたそうです。江原さんは、身長171cm、体重70kg、年齢40半ばで、運動はジムに行っているそうですが中肉中背体系だそうです。さらに、基準値にもどすという偉業を半年間で成し遂げたことでお金も浮いたのだから驚きです。
数年前から尿酸値が高かったのですが、最初は、深刻にとらえてなかったそうです。ある日、なんだか足の甲がピリピリすると思っていたら、翌日に我慢できない痛みの症状があり、必死で病院にたどり着いたところ、お医者さんに痛風と診断されました。そして、痛み止めを処方されて手渡された小冊子に書いてある症状改善方法を読んで愕然としました。「何にも食べるものが無いではないいか!あれもダメこれもダメ。俺にどうせい!と言うのだ!」と正直思ったそうです。
しかし、とりあえず気を付けてみたところ、痛みは収まったそうです。数箇月後、また足の調子が、ということで、食事療法からはじめたそうです。

食事療法

 

通風症状改善につながる通風仲間の3つの技と3つのヒント

手渡された小冊子を読んで愕然、「ここに書くのも嫌気が差すほどの品目」で、もずくと野菜と水しか飲めないのです。そこで、会社の同僚にも尿酸値を下げるためにいろんな意見を聞き、みんなで情報交換して症状改善の情報を集めました。そして尿酸値を下げた通風仲間の3つの改善技を紹介してくれています。まず1つ目は、継続的な運動、2つ目は水を毎日飲むこと、3つ目は継続的な運動とサプリという方法です。
そして尿酸値と戦うための3つのヒントも教えてくれています。1つ目はクエン酸の飲み方、2つ目は尿酸値を下げる薬について、3つ目は痛風仲間12人にしたアンケートについてです。
1つ目のクエン酸は痛風症状改善に効果があるとされ、江原さんは黒酢を毎日飲んでいたそうです。そんな感じで数ヵ月経過し、発作は起きない、喜ばしい、黒酢効果だと思っていたら、発作が起きたそうです。そこで黒酢は、発作起きるスパンが長くなる効果があるのがわかり、黒酢だけでなく継続的な運動もすべきだったと振り返っています。
江原さんは薬を飲んだこともあるそうですが、あまり効果がなかったといっています。最初はユリノーム錠を飲み始め、数値も下がり発作も出なかったそうですが、体がいつもだるく、眠いという副作用があって、医者に行ったらフェブリクという新薬を処方されました。2週間後に血液検査をして、その結果、なんと尿酸値が下がったそうです。「こりゃ!スゴイ!」とお医者が言い放ちました。下がったのに今度は40mgを飲むことにされ、人体実験でもするつもりであろうか!と思いながら仕方なく飲むことにしたら、ビールも飲みまくりで焼肉も食べているのに発作も出ず、数値も安定していました。ということで通風仲間にも教えてあげたところ64歳の「じいさん」もこの薬を飲み始めました。しかし、症状が出たそうです。体質でしょうか、江原さんもその後、次第に数値が上がって、6.5まで上がり、上げどまりました。薬には耐性があるのでしょう。通風仲間12人にしたアンケートではストレスはよくないということが分かったそうです。

 

通風

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

食事、運動、サプリ

食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう

目次 食事、運動、サプリなどで尿酸値を下げる目標を達成しよう 毎日適度な運動を行うようにし尿酸値を下げる目標を持とう サ…

おすすめ記事

現在の登録件数:0 件
ページ上部へ戻る